下地処理&粘土

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

洗車をして、コート剤(ワックスを含む)などを塗布する前に、車体に固着した異物を除去する粘土(カー用品店で入手可)でボディーのザラザラを除去したり、研磨剤で傷を除去するなど、ボディーがツルツルになるまで下地を整えることが良いこととされている。また、優しく…、丁寧に…や、気をつけてやれば大丈夫…など、誰もが出来るような…勘違いをさせる抽象的な言葉で解説されているが、大間違いのコンコンチキだ。現実は、余計な擦り傷を付けない『集中力』と、その作業を続ける『根気』が続かない限り、とても自身の手で出来る作業ではない。

また、専門業者にお金を払ってツルツル、ピカピカのボディーを作ったとしても、そのツルツル、ピカピカが長期間維持できる訳でもないし、保証もない。後々、再度ザラザラ&傷だらけになるだろう。さらに、技術の劣る研磨をされると磨き傷が目立つなど、元の状態より悪化することもある。そのような極度の下地処理を試みても一時的なものになるので、それにお金を払うのは実に『もったいない』話だ。

そこで、当3WD洗車技術研究所では、前記の様な『もったいない』極度の下地処理をしなくても、水アカ除去程度で十分光沢のある、綺麗に仕上がる方法を解説している。

例えば、塗装表面に異物が固着してザラザラしているボディーに、コート剤(ワックスを含む)を塗布した時、そのザラザラが原因でムラやシミになって綺麗に仕上がらないと言われている。そのザラザラが悪者扱いされているが、それはザラザラが悪いのではない。綺麗に仕上がらない『コート剤(ワックスを含む)が悪い』のだ。要は、多少ザラザラであっても、ムラにならず、シミにならず、綺麗に仕上がるコート剤(ワックスを含む)を使えばいいだけの話だ。

また、目立ちにくいザラザラを除去するために、粘土や研磨剤でゴシゴシ擦ってツルツルにしたとしても、そのゴシゴシで簡単に除去できない傷を付けたとしたら、何の為に下地処理をしたのか…と言うことだ。

さらに、ザラザラと擦り傷の『目立ち具合』などを比較すると、ザラザラの元は、よく見ないとわからない、触らないと分からないなど、『目立ちにくい』。しかし、擦り傷は誰が見ても簡単に分かる。夜間に水銀灯や蛍光灯の明かりの下で見ると特に『よく目立つ』。そして、一度傷が付くと、その傷の上から何を塗っても、その傷を埋めたり、消したり、目立たなくさせることは絶対に出来ないのだ。また、擦り傷が増えることで塗装表面の光沢が失せてくるのも事実だ。

粘土という薬を使ってザラザラを直したとしても、擦り傷という副作用を発祥する。そして、その副作用を直すために、研磨という大掛かりな治療が必要になる。また、その治療をしたことで余計に傷口が大きくなり、取り返しがつかない事態になることも多々ある。

よって、擦り傷を付ける方が見た目も悪く、車にとってもダメージが大きいので、少し位のザラザラを、粘土や研磨剤などで除去する下地処理はしてはいけない。

とは言っても、全くザラザラを処理しない訳ではない。例えば、塗装表面の光沢をそこなう固着物を除去する時や、高圧洗浄機(高圧水)でも除去できない固着物などがあれば、最終手段として粘土を使用する。そこで、極力擦り傷をつけないで、固着物も取り残さない粘土の使用方法を解説しよう。

一般的な粘土の使用方法は、写真の様に、チョロチョロ水を出したホースを片手に持って水を流しながら、もう一方の手で粘土を扱う訳だが、この方法だと両手がふさがった状態になる。

この両手がふさがった状態では、ザラザラが除去できたかどうかのチェックをする手がなくなるので、ザラザラを取りこぼす事が多くなる。一通り終えた後から再度同じ部位を擦らないといけない…など、やり直しが多くなるので、この方法で使用してはいけない事を初めに伝えておこう。

使用する粘土は、車体の色に関係なく濃色車用を使用する。また、新品を2個用意し、1個は予備として準備しておくとよい。

まず、シャンプー液で洗車して、ガラスを含む車体全体に付着している砂・泥ホコリなどを除去して、写真の様に洗車後の水滴は拭き取らない。洗車方法は、当3WD洗車教室の『洗車』参照。

 

前記、洗車を終えたら、写真の様に、粘土を手のひらサイズの大きさで平たくする。

また、寒い季節は粘土が硬くなるので、お湯に浸けて軟らかくしてから使用すること。

 

 

前記、粘土を平たくした後、写真の様に、異物が付いてザラザラしている部位だけに、再度綺麗なシャンプー液を馴染ませる。シャンプー液は洗車時と同じ希釈度だ。

例えば、異物が広範囲に付着していても、約30~40センチ四方の範囲を目安にシャンプー液を馴染ませる。

 

前記、シャンプー液を馴染ませた後、写真の様に、そのシャンプー液を潤滑液にして、平たくした粘土を、『指の腹』で押さえて擦れば摩擦係数が軽減できる。また、擦っている時は、粘土を押さえている手に全神経を集中させること。

尚、粘土を指の腹で押さえる圧力は、その手の重みだけで押さえること。絶対、余分な力を、手のひらや、指先だけで押さえてはいけない。

前記、30~40センチ四方の範囲を擦り終えたら、写真の様に、今擦った範囲を、もう一方の空いている手で撫ぜて(触って)みて、ザラザラが残っていないかチェックする。

そして、ザラザラが残っている部位が在れば、その場で直ちに除去してその範囲のザラザラを完全に除去する。

また、手で撫ぜてチェックする時は、撫ぜている手に全神経を集中させること。

前記、30~40センチ四方の範囲のザラザラを除去し終えたら、写真の様に、潤滑液にしていたシャンプー液を綺麗な水でよく洗い流す。

また、シャンプー液を水で流す時、車体全体を見て、乾きはじめている部位が在れば、その部位にも水を掛ける。そして、粘土作業が終了するまで、同じように水を掛けながら、常に車体全体が濡れている状態に保っておくと。

前記、シャンプー液を水で洗い流し終えたら、写真の様に、粘土の擦っていた面を見て、汚れ具合をチェックする。

 

 

 

前記、粘土の擦っていた面が汚れていたら、写真の様に、汚れている面が合わさる様に粘土を二つ折りにする。

 

 

 

前記、粘土を二つ折りにし終えたら、写真の様に、再び綺麗な面が出来る。

そして、上記解説と同じ要領で、粘土を手のひらサイズの大きさで平たくして…、次の部位にシャンプー液を馴染ませて…、粘土で擦って…、空いている手でチェックして…、綺麗な水でシャンプー液を流して…、そして、再び粘土を二つ折りにして…、を繰り返しながら車体に固着したザラザラ全てを除去して行けばよい。

最後に、一度使用した粘土は、その粘土全体に除去した異物が混ざっているので、保管して次回に使い回しすると、前回取り込んだ異物で擦り傷を付ける恐れがあるので、使い回しや保管をせずに一度限りで廃棄すること。また、使用中地面に落とした粘土も、砂や小石が混ざっている危険性があるので、直ちに廃棄して新しい粘土に交換すること。

また、粘土を使用して多少擦り傷が付いても、その傷を全て除去することは考えなくてよい。それより、塗装表面に残った粘土の残留物をクリーナーで除去すること。

また、ここで言う『クリーナーで除去する』は、当3WD洗車教室の『水アカ取り』で使用しているクリーナーを、水アカ取りと同じ使用方法で、粘土で擦った部位だけを作業すればよい。また、クリーナーの種類(白色車系・濃色車系)及び使用方法の詳細は『水アカ取り』参照。

また、参考までに、当3WD洗車技術研究所の洗車方法を実践しているサンプル車の全車が、一度も粘土処理や研磨などは行っていない事も伝えておこう。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 3WD洗車教室 , 2018 All Rights Reserved.