輪ジミ

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

【輪ジミが付く原因】 輪ジミとは…、雨や洗車後の水滴が自然乾燥した時に車体に出来る、写真の『輪形状の染み』のことだ。その輪ジミの程度の違い(簡単に除去できるシミ、できないシミ)で、ウォータースポットや、イオンデポジット、クレーター等々、色々な名称で表現されている。これでは皆さんも、『何が何だか』戸惑うだろう。そこで皆さんは難しいことは考えずに、『水滴が乾いて出来たシミは同じ輪ジミ』と思えばよい。

 

ただし、同じ輪ジミでも、濡れタオルで簡単に除去できる自然乾燥直後の輪ジミも在れば、夏の雨で濡れた車体が炎天下の陽射しで乾燥する…を、何度も繰り返して出来た輪ジミの様に、塗装を削る研磨をしないと除去できない輪ジミも在る…ことを理解しておいてほしい。また、白色系より濃色系の車体の方が、熱吸収率が高くボディーが熱くなるので輪ジミができやすく、目立ちやすいのも事実だ。

また、ワックスの水弾きで輪ジミが出来る。水がベターと流れる親水性のコーティングだから輪ジミが出来ない、と、ワックスが悪者のように云われているが、本当は輪ジミの形状が違うだけで、どちらも輪ジミが出来ることを知っておいた方がよい。

例えば、親水性のコーティングだが、車体に水アカが付かない訳ではない。その水アカが付いた状態では、洗車直後の水の流れが水アカに引っ掛かるので、親水せずに、写真のゾウリ虫の様な形状の水滴が車体に残る。その車体に残った水滴が輪ジミになる。

さらに、水アカを綺麗に除去したとしても、その綺麗にした直後の走行時や保管場所でホコリや汚れが車体に付着する。そのホコリや汚れが付着した車体に後日雨が降れば、親水性で流れるはずの水がホコリや汚れなどに引っ掛かり、親水せずに、写真のゾウリ虫の様に残った水滴が輪ジミになる。

【対策】 輪ジミが付いても、当3WD洗車技研は、機械(シングルバフ)で塗装を削る研磨は歓迎しない。例えば、洗車後の水滴を拭かない方はいないだろう。しかし雨はどうだろう…、雨が止んだ後に必ずその雨の水滴を拭いているかな?殆どの方が『拭けない状況にある』はずだ。その拭けない事で輪ジミが出来ているのが事実だ。その輪ジミをお金を払って研磨して除去したとしても、綺麗なのは最初だけ、雨によって再度輪ジミが出来るのだ。はっきり言って、イタチごっこ…の、無駄なこと。

そこで、当3WD洗車技研では、自然環境下でおこり得る弊害に対しては、ある程度受け入れる気持ちを持つべき…と考え、当ホームページの『サンプル車』で紹介しているそのサンプル車のオーナー様にも、『自然環境には勝てない』ことを伝えている。また、そのサンプル車全てが、機械による研磨は一度も行っていないのも事実だ。

また、輪ジミが付いたら、その輪ジミを指をくわえてただ見ていろ…と言っている訳ではない。特に輪ジミが目立つ濃色系は、早い段階で輪ジミが確認できる。その確認した時、一度クリーナーを使って輪ジミ除去を試みるとよい。その時、輪ジミを必ず除去する…な
ど、余計なことは考えないことが大事だ。さもないと、擦りすぎた割には輪ジミも取れず、擦り傷を付けてしまうなど、逆に自身の手で悲惨な状態にしてしまう。よって、必ず試みるだけに止めること。

そして、除去を試みる方法だが、使用するクリーナー及び使用方法の全てが、当3WD洗車教室で解説している『水アカ取り専科(濃色車)』と同じ方法だ。要は、水アカ取りと同じ事をすればよい。ただし、輪ジミの処理をする時は、その輪ジミが付いている部位だけの作業に止めること。さらに、一度試みて除去し切れなかった輪ジミは、それ以上に除去しようと擦らないこと。尚、クリーナーの種類(白色車系・濃色車系)及び使用方法の詳細は『水アカ取り』参照。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 3WD洗車教室 , 2018 All Rights Reserved.