◆シートの清掃●布張りシート

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

車のシートの掃除…なにも難しく考えることはない。布・合成皮革・本革などの表面素材や、ウレタンスポンジなどの内素材が、一般家庭に在る椅子やソファと何ら変らないのです。要は、座った前にハンドルやスピードメーターが在るか…、テーブルやテレビが在るか…の違いだけです。そこで、車のシートもご家庭で行なっている掃除と同様と考えればよい。
布張りシート

其の一 日頃のお手入れ

洗車をしたときなど、ついでにできる簡単な手入れ方法です。また清掃用具などは、一般家庭で使っている物を利用する。

まず、シートの背もたれを後に倒し、掃除機やローラー式粘着清掃用具などで、ゴミやホコリ、毛髪などを除去する。背もたれと腰掛けの隙間は念入りに。

【注意】シートを叩けば叩くほど内部のウレタンスポンジが細かく砕ける。それがホコリ状になってシート表面に出てくるので絶対に叩いてはダメ。

 

 

其の二 クリーニングで使用する材料・道具

シートの汚れには日常使用時の自然汚れ、又は家族構成及び荷物などによる突発的な汚れなどがある。ここで紹介するクリーニング方法は、その双方の汚れ除去に役立つ方法だ。また、自然汚れをクリーニングする時期は乾きやすい『夏』がベスト。ただし、突発的な汚れに関しては、ただちにクリーニングするのが望ましい。

布、合成皮革、本革などのシート素材すべてに、家庭の畳やカーペットに使う市販の家具用の洗浄剤を使用する。ただし、液性が中性又は、弱アルカリ性のものを使用する。また『泡状』では均一に噴霧できないので、必ず霧状で噴霧できるスプレー容器に入った洗浄剤を使用する。

 

 

背板付きのタワシだ。毛足がしっかりしてい、る物であれば、植物毛、ナイロン毛どちらでもよい。洗える面積も広く、布地の奥や、皮革のシワの奥までしっかり洗える。

 

 

 

普通サイズの安価な白いタオル。5~6枚用意するのは予備のため。また汚れの程度によって、それ以上の枚数が必要になる場合があるので、何枚か余分に用意しておくとよい。

 

 

其の三 クリーニングの作業手順(布張り)

【ここがポイント】道具を作る

水で濡らして固く絞ったタオルを広げ、その上にタワシを置く。また置く場所は、タオルの端からが鉄則だ。

 

 

 

 

タオルでタワシを包み込む。タワシをグルグル巻きにするのではなく、タオルの余り分はすべてタワシの背板上にまとめる。

 

 

 

 

タオルの表面から、タワシの毛先が少し出るくらいしっかりと包み込む。これでシートの繊維を起こしながら、洗うと同時に汚れを拭き取る道具が完成する。

 

 

 

作業手順

シートに洗浄剤を掛ける前に、プラスチック類にシミなどが出来ないように、水で濡らして固く絞った綺麗なタオルで、シート間のコンソールボックスなどをスッポリと覆っておく。念のためです。

 

 

シートの背もたれを後ろに倒して掃除機をかけた後、まず背もたれから始める。そして洗浄剤は必ず霧状でスプレーする。また背もたれ全面を一度にスプレーするのではなく、縫い目ごとのブロックに分けてスプレーをする。そしてスプレーする量は、布地の表面だけが薄っすらと均一に湿る程度でよい。

 

背板上のタオルがバラケないようにしっかりとタワシを持ち、スプレーしたブロックの繊維の目や縫い目にそって擦り洗いをする。

 

 

 

 

縫い目ごとの各ブロックの汚れ方が必ず違うので、タワシで洗っているタオル面を、そのつどチェックしつつ作業を進める。

 

 

 

 

【ここがポイント】

洗っているタオル面が汚れたら、一旦そのタオルを広げて、タワシをそのタオルの綺麗な場所に移動させる。

 

 

 

 

そして、再度タワシを包み直し、その綺麗になったタオル面で洗いの作業を繰り返す。

 

 

 

 

幾度かタワシを包み直すとタオル全体が汚れてくる。そうなれば、予備の綺麗なタオルに交換して再度作業を進める。

 

 

 

 

背もたれが終われば腰掛け部へと作業を進める。腰掛け部をクリーニングする時も背もたれは後ろに倒したまま。そうすることで、背もたれに邪魔されることなく腰掛け部の隅々まで綺麗にできる。

 

 

背もたれ部と腰掛け部を洗い終わった後は、すすぎ目的の水拭きをする。まず、綺麗なタオルを水で濡らして固く絞る。そして、ブラシは使わずタオルだけで背もたれ部と腰掛け部を拭けばクリーニングは完了。

 

 

 

 

 

 

 

最後に一言、運転席、助手席、後部座席など、日頃の使用状況や家族構成などで汚れ具合も必ず違う。その汚れ具合を確認しつつ洗浄剤を選んでクリーニングすればよい。

其の四 汚れ予防策

汚れ予防策と言えばこれしかございません、シートカバーです。
それも、シートをすっぽり包み込む全カバーです。

腰掛け部はもとより背もたれ部、さらにその背面までもカバーしてくれるのだ。これほど防汚効果に貢献する物は他にないだろう。ただ、シート本来の質感を楽しんだり、感じることができないのが難点だ。

 

 

 

 

 

半カバー、ちゅ~とはんぱやな~。
防汚効果も無いし、エアコンが標準装備になった今では、見た目の涼しさも必要ないし、逆にカバーを外したとき、カバーをしていた所と、していなかった所の境目がハッキリ・クッキリとシートに残るし、何一ついい所が見当らない。水切りワイパーや、拭き取りセーム同様、あまり役に立たない、必要ないカー用品の一つだ。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 3WD洗車教室 , 2018 All Rights Reserved.