其の三 水を拭き取る要領 一人で水を拭き取る バンタイプ

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

この項目は、車体の水を拭き取る順番(導線)に沿って、バスタオルを方向転換させる要領や、扱い方を解説している。尚、順番の詳細については『水を拭き取る順番』の項目参照。

写真(1)のバスタオルを、まず写真(2)の、短辺を維持して、長辺の中央部で縦を二つ折りにする。次に、その二つ折りにしたバスタオルを、写真(3)の、短辺の中央部で横を二つ折りに折りたたんで四つ折りにする。

まず『Aの導線』は…、前写真(3)の『四つ折り』にしたバスタオルを、写真(4)のボンネットの左端寄りに置き、ここからスタートする。また、バスタオルをボンネットに置くときは、前写真(3)の四つ折りにしたときの折り目が、ボンネットの右の方(タオルの進行方向)へ向くようにする。そして、写真(4)のボンネットの左端に置いたバスタオルに両手を軽くあてがい、写真(5)のボンネットの右端の方へと、車体の前部を横切るかたちで歩きながらボンネットの水滴を拭き取る。

そして、写真(5)のボンネットの右端まで拭き終えたらバスタオルを一旦停止して、そのバスタオルから両手を離し、バスタオルをその場所に置いたまま、自身の立つ位置を車体の前部から写真(6)の右フロントフェンダーの横に移動する。

そして、写真(6)の右フロントフェンダーの横に立って、再度バスタオルに両手を軽くあてがう(身体の向き、手の位置は写真参照)。そして、その場で左手側を軸に右手側を時計と反対回りで90度ターンさせて、その右手側のタオルを右フロントフェンダーの側面後部(太ももから上の部位)へ下げて行き、右フロントフェンダー側面でバスタオルの進行方向を車体の前方へ向ける。

写真(6)の右フロントフェンダー後部(太ももから上の部位)から、写真(7)のフェンダーの前方へと拭き進んだら、バスタオルを軽くあてがったまま、写真(8)の右側のヘットライトへと歩きながら廻り込んで、その右側のヘットライトから、写真(9)のバンパー上部のフロントグリル→次写真(10)の左のヘットライトへと、車体の前を横切るかたちで一方向に歩きながら拭き進む。

写真(9)のフロントグリルから、写真(10)の左ヘットライトを拭き終えたら、バスタオルを太ももから上の部位にあてがったまま、写真(11)の左側のフロントフェンダーの側面の前部へと歩きながら廻り込む。そして、その左側のフロントフェンダーの前からバスタオルを太ももから上の部位にあてがったまま、写真(12)のフロントドア→スライドドア→次写真(13)のリアフェンダーの後部へと、車体の前から後ろへ一方向に歩きながら左側面上部の水滴を拭き取る。

写真(12)のドアから、写真(13)のリアフェンダーの後部まで拭き終えたら、バスタオルを太ももから上の部位にあてがったまま、写真(14)のリアゲートの左端に歩きながら廻り込む。そして、そのリアゲートの左端から、バスタオルを太ももから上の部位にあてがったまま、写真(15)のリアゲートの中程を経て、次写真(16)のリアゲートの右端へと、車体後部を横切るかたちで一方向に歩きながら、そのリアゲート上部の水滴を拭き取る。

写真(15)のリアゲートの中程から、写真(16)のリアゲートの右端まで拭き終えたら、バスタオルを太ももから上の部位にあてがったまま、写真(17)の右側のリアフェンダーの後部へと歩きながら廻り込む。そして、その右側のリアフェンダーの後ろから、バスタオルを太ももから上の部位にあてがったまま、写真(18)の右フロントドアの中程まで、車体の後ろから前へ一方向に歩きながら右側面上部の水滴を拭き取る。

 

写真(18)の右フロントドアの中程まで拭き終えたら、バスタオルを一旦停止する。そして、写真(19)のバスタオルを停止させた所で、そのバスタオルをあてがったまま、左手を軸に右手を時計と反対回りにドアガラスの方へ大きくUターンさせて、写真(20)のドアガラスの水滴を拭き取る。そして、写真(20)のそのドアガラスからバスタオルをあてがったまま写真(21)の後方のガラスへと、車体の前から後ろへ一方向に歩きながら右側面のガラスの水滴を拭き取る。

写真(21)の右側面後部のガラスまで拭き終えたら、その側面のガラスの後部からバスタオルをあてがったまま、写真(22)のリアガラスの右端に歩きながら廻り込む。そして、そのリアガラスの右端からバスタオルがリアワイパーに引っ掛からないように注意しながら、写真(23)のリアガラスの左端へと、車体の後部を横切るかたちで一方向に歩きながらリアガラスの水滴を拭き取る。

 

写真(23)のリアガラスを拭き終えたら、バスタオルをあてがったまま、写真(24)の左側面の後部のガラスへと歩きながら廻り込む。そして、その左側面のガラスを、写真(24)の後部からバスタオルをあてがったまま、写真(25)の左フロントドアのガラスへと、車体の後ろから前へ一方向に歩きながら左側面のガラスの水滴を拭き取る。

そして、写真(25)の左ドアのガラスまで拭き終えれば『Aの導線』が終了する。その『Aの導線』を拭き終えたら、ここで始めて写真26の四つ折りのままでバスタオルを裏返す。ただし、バスタオルは絶対絞らない。

写真(26)の裏返したバスタオルで、写真(27)のルーフの左側後部から『Bの導線』をスタートする。また、ここでもバスタオルの折り目を進行方向へ向ける。

まず、脚立を使って、写真(27)のルーフの左側半分を後部から、写真(28)の前部へと一方向に拭き進む。そして、ルーフの左側半分を拭き終えたら、バスタオルをあてがったまま、写真(29)のフロントガラスの左側半分を、ワイパーに引っ掛からないように注意しながら、上から下へと一方向に拭き終えれば『Bの導線』が終了する。

写真(27)(28)(29)の『Bの導線』を拭き終えてもバスタオルは絶対絞らない。そして、バスタオルは『Bの導線』を拭いた同じ面を使って、写真(30)のルーフの右側後部から『Cの導線』をスタートする。また、ここでもバスタオルの折り目を進行方向へ向ける。

まず、脚立を使って、写真(30)のルーフの右側半分を後部から、写真(31)の前部へと一方向に拭き進む。そして、ルーフの右側半分を拭き終えたら、バスタオルをあてがったまま、写真(32)のフロントガラスの右側半分を、ワイパーに引っ掛からないように注意しながら、上から下へと一方向に拭き終えれば『Cの導線』が終了する。

最後に、バスタオルで拭ききれなかった車体の凸凹部や、細部、さらに車体周囲の太ももから下の部位に残った水滴は、写真(33)の一度濡らして、しっかり絞った『普通サイズのタオル』を使って拭き取れば完了。ただし、写真で解るように、手のひらより少し大きめのサイズに折りたたんで(三回折りたたむ)使用すること。決して乾いた状態や、折りたたまずにペラペラした状態で使用しない。

また、普通サイズのタオルで車体の外装(各ガラス外面含む)の水滴を拭き終えたら、タオルを早期に汚さないため、次は写真(34)の、綺麗に洗ったホイールとタイヤの水滴を拭き取る。そして、前後左右4ヶ所のホイールとタイヤを拭き終えたら、最後に、洗っていない写真(35)の、各ドアを開けた周囲の水滴を拭き取る。この車体全体の水を拭き取る順番は、一枚のタオルをできるだけ汚さないように使うため。また、綺麗に洗ったホイールを、汚れたタオルで再び汚さないためだ。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 3WD洗車教室 , 2018 All Rights Reserved.