其の三 水を拭き取る要領 一人で水を拭き取る セダンタイプ

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

この項目は、車体の水を拭き取る順番(導線)に沿って、バスタオルを方向転換させる要領や、扱い方を解説している。尚、順番の詳細については『水を拭き取る順番』の項目参照。

写真(1)のバスタオルを、まず写真(2)の、短辺を維持して、長辺の中央部で縦を二つ折りにする。次に、その二つ折りにしたバスタオルを、写真(3)の、短辺の中央部で横を二つ折りに折りたたんで四つ折りにする。

 

 

 

まず『Aの導線』は…、前写真(3)の『四つ折り』にしたバスタオルを、写真(4)のボンネットの左端寄りの前部に置き、ここからスタートする。また、バスタオルをボンネットに置くときは、前写真(3)の四つ折りにしたときの折り目が、フロントガラスの方(タオルの進行方向)へ向くようにする。そして、写真(4)の両手をバスタオルに軽くあてがい、写真(5)のボンネットの左端寄りの後部へと拭き進む。

そして、写真(5)のボンネットの左側寄りの後部の手前でバスタオルを一旦停止させて、そのバスタオルを車体に軽くあてがっったまま、左手を軸に右手を時計と反対回りで、バスタオルをボンネットの中央寄りへとUターンさせる。そして、バスタオルをUターンさせた後、写真(6)のボンネットの中央寄りの後部から前部へと拭き進む。

【ポイント】 四つ折り折りにしたバスタオルの折り目を、そのタオルの進行方向に向ける理由は、水を拭いている途中で、四つ折りにしたバスタオルがめくれ上るのを防止するため。

 

 

 

前写真(6)の、ボンネットの中央寄りの前部まで拭き終えたら、バスタオルを軽くあてがったまま、写真(7)のボンネットの中央部の前部からフロントグリルの中央部へと下りながら拭き進む。そして、フロントグリル中央部へ下りたら、バスタオルをあてがったまま、体の向きを変えて写真(8)のフロントグリルの中央部から、左側のヘットライトへと一方向に歩きながら拭き進む。

そして、左側のヘットライトから、バスタオルをヒザから上の部位に軽くあてがったまま、写真(9)の左側のフロントフェンダーの前部へと歩きながら廻り込む。

 

 

 

前写真(9)の、左側のフロントフェンダーの前部へ廻り込んだ後、バスタオルをヒザから上の部位にあてがったまま、写真(10)の左側のフロントフェンダーの前から、同側のフロントドア→リアドア→リアフェンダーへと一方向に歩きながら拭き進む。

そして、写真(11)の左リアフェンダーの後部でバスタオルを一旦停止させる。そして、バスタオルをあてがったまま、その場でそのバスタオルを時計と反対廻りでUターンさせて、右手側と左手側の上下の位置を逆にする。

そして、リアフェンダーの後部でUターンした後、バスタオルを軽くあてがったまま、写真(12)の左リアピラーへと上がりながら拭き進む。そして、そのリアピラーからバスタオルをあてがったまま、前方のリアドアのガラス→フロントドアのガラスへと一方向に歩きながら拭き進む。

 

 

 

前記、左フロントドアガラスから、バスタオルを軽くあてがったまま、写真(13)の左フロントピラーを経て、写真(14)のフロントガラスの左側へと廻り込む。そして、バスタオルを一旦停止させて、ワイパーに引っ掛からないように注意しながら、その場で右手を軸に左手を時計回りに90度ターンさせる。そして、バスタオルの進行方向を車体の後ろ向きに変えながら、そのフロントガラスの左側半分を下から上へ拭き進む。

そして、車体後方へと向きを変えたバスタオルで、フロントガラスの左側半分を拭いた後、バスタオルをあてがったまま、写真(15)のルーフの左側半分を、そのルーフの前から後ろへ一方向に歩きながら拭き進む。

写真(15)のルーフの左側半分を拭き終えたら、バスタオルを軽くあてがったまま、写真(16)のリアガラスの左側半分を上から下へと一方向に歩きながら拭き進み、そのリアガラスの下まで拭き終えたら、バスタオルを一旦停止させる。

そして、写真(17)のバスタオルを軽くあてがったままトランクの左側で、左手を軸にして右手を時計と反対回りに90度ターンさせる。そして、バスタオルの進行方向をトランクの右側の方へ向ける。

そして、写真(18)のバスタオルから一度手を離して、自身の立つ位置を車体の左側面から車体の後部へと移動する。そして、向きを変えたバスタオルで、トランクの左端から右端の方へ一方向に歩きながら拭き進む。

 

 

 

写真(18)のトランクの右端の手前まで拭き終えたら、写真(19)のトランクの右端手前でバスタオルを一旦停止させる。そして、バスタオルから一度手を離して、自身の身体の向きを左側のテールランプの方へ向ける。そして、タオルを押さえる手を、右腕が上になるように身体の前で両腕をクロスさせてバスタオルを持ち直し(写真(19)参照)、そして、その場で右手側を軸に左手側を時計廻りにバスタオルを右側のテールランプへと下ろすようにUターンさせる。

そして、右側のテールランプにバスタオルを軽くあてがったまま、写真(20)の右側のテールランプから左側のテールランプまで一方向に歩きながら拭き終えれば『Aの導線』が終了する。

写真21、『Aの導線』が終ったら、ここで始めて四つ折りのままでバスタオルを裏返す。ただし、バスタオルは絶対絞らない。

写真(21)の裏返したバスタオルで、写真(22)のリアガラスの右側の下から『Bの導線』をスタートする。また、ここでもバスタオルの折り目を進行方向へ向ける。そして、バスタオルを軽くあてがったまま、そのリアガラスの右側半分を下から上へと一方向に歩きながら拭き進む。

そして、リアガラスの右側半分を拭き終えたら、バスタオルを軽くあてがったまま、写真(23)のルーフの右側半分を、そのルーフの後ろから前へと一方向に歩きながら拭き進む。

そして、ルーフの右側半分を拭き終えたら、バスタオルを軽くあてがったまま、写真(24)のフロントガラスの右側半分を上から下へとワイパーに引っ掛からないように注意しながら拭き進む。そして、フロントガラスの右側半分を拭き終えたら、バスタオルをあてがったまま、ボンネットの中央寄りを、そのボンネットの後部から前部の方へと一方向に歩きながら拭き進む。

写真(24)のボンネット中央寄りの後部から、写真(25)のボンネットの前部の手前まで拭き終えたら、写真(25)のバスタオルを一旦停止させる。そして、そのバスタオルを軽くあてがったまま、その場で右手側を軸に左手側を時計回りで、ボンネットの右端寄りへとUターンさせる。そして、写真(26)のそのボンネットの右端寄りの前部から後部へと一方向に歩きながら拭き進む。

そして、ボンネットの右端寄りの後部まで拭き終えたら、写真(27)のバスタオルを少し持ち上げて右フロントピラーへと拭き進む。そして、そのフロントピラーからバスタオルをあてがったまま、右側のフロントドアのガラス→リアドアのガラス→リアピラーへと一方向に歩きながら拭き進む。

前記右リアピラーまで拭き終えたら、バスタオルを軽くあてがったまま、写真(28)の、そのリアピラーを下がって、右リアフェンダーの後部(ヒザから上の部位)へと一方向に歩きながら拭き進む。

そして、右リアフェンダーの後部まで(ヒザから上の部位)拭き終えたら、写真(29)の、その右リアフェンダーの後部でバスタオルを一旦停止させる。そして、バスタオルをあてがったまま、その場でそのバスタオルを時計回りでUターンさせて、右手側と左手側の上下の位置を逆にする。

そして、右リアフェンダー後部でUターンした後、バスタオルをヒザから上の部位に軽くあてがったまま、そのリアフェンダー後部から、写真(30)のリアドア→フロントドア→フロントフェンダーへと一方向に歩きながら拭き進む。

 

 

 

前記、右側のフロントフェンダーの先端まで拭き終えたら、バスタオルをヒザから上の部位にあてがったまま、写真(31)の右側のヘットライトへと歩きながら廻り込んで、その右側のヘットライトから、写真(32)のフロントグリルの右側半分まで拭き終えたら『Bの導線』が終了する。

最後に、バスタオルで拭ききれなかった車体の凸凹部や、細部、さらに車体のヒザから下の部位に残った水滴は、写真(33)の一度濡らしてしっかり絞った『普通サイズのタオル』を使って拭き取れば完了だ。ただし、写真で解るように、手のひらより少し大きめのサイズに折りたたんで(三回折りたたむ)使用すること。決して乾いた状態や、折りたたまずにペラペラした状態で使用しない。

 

 

 

写真(33)の普通サイズのタオルで、車体の外装(各ガラス外面含む)を拭き終えたら、タオルを早期に汚さないため、次は写真(34)の、綺麗に洗ったホイールとタイヤの水滴を拭き取る。そして、前後左右4ヶ所のホイールとタイヤを拭き終えたら、最後に、洗っていない写真(35)の各ドアや、トランクを開けた周囲の水滴を拭き取る。この車体全体の水を拭き取る順番は、一枚のタオルをできるだけ汚さないないように使うため。また、綺麗に洗ったホイールを、汚れたタオルで再び汚さないためだ。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 3WD洗車教室 , 2018 All Rights Reserved.