其の一 洗車をする場所

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

コイン洗車場

先に、コイン洗車場でよく見かける洗車方法を幾つか紹介しておきます。

例1)コイン洗車の『水』→『洗剤』→『水』を噴霧しただけで、その後、ソフトで傷が付かないと言われているキメの細かい拭き取り専用クロスで水滴を拭き取る。この洗車方法は、ノンブラシタイプの門型洗車機と同じで、ボディに固着している砂・泥などの汚れは落としきれない。よって、クルマ全体が洗い残し状態になっている。その状態で水滴を拭き取れば、いくらソフトで傷が付かないと言われているキメの細かい拭き取り専用クロスでも、砂・泥などを引きずるため、ボディーに傷を付けてしまう。

例2)まず『最初にバケツで車に水をかける』→『スポンジとカーシャンプーなどで車全体を手洗い洗車する』→『コイン洗車の高圧水でカーシャンプーを洗い流す』。この方法もボディーに固着した砂・泥などの汚れは、バケツの水では絶対に落せない。その状態で、手洗い洗車をしたとしても、ボディーに固着している砂・泥などをスポンジで引きずるため、ボディーに傷を付けてしまう。

上記、二通りの方法は、最もボディーに負担を与える方法です。早期に塗装面全体に多くの深い傷を付ける洗車方法です。また、残念ながら従来のコイン洗車機のシステムや稼働時間設定では、車にやさしい洗車をするには辛いものがあります。とは言っても、コイン洗車場を利用するしか方法がない方のために、以下のようなアドバイスをしておこう。

・機械メーカーによって稼働時間の違いはあるが、少しでも長く水が使えるコースを選択する。(同コースを2回利用することも考えて下さい)
・使用中に料金を追加することで水が追加使用できる機種もある。
・作業効率の良い複数人(2~3人)で洗車をする(作業方法の項目参照)
・水気やシャンプー液などが乾きにくい夜間に洗車する。

自宅ガレージ・駐車場

自宅のガレージや、水道完備の洗車スペースが有る駐車場など、水道ホースで水が自由に使えることを思えば、決して悪い洗車環境では無い。また、理想を言えば『家庭用高圧洗浄機(材料・道具を選ぶ…を参照)』が有れば、より車に良い洗車環境になるだろう。

しかし、多くの人が水道ホースだけを使った洗車をしていることと思います。そこで、よく見かける水道ホースを利用した、幾つかの洗車方法を紹介しておこう。

例1)シャンプー液は使わずに、水道ホースで水をかけながら、同時にスポンシで擦り洗いをする。この方法は、シャンプー液を使っていないので、基本的な汚れを除去することが出来ない。また、滑りも悪くなるので摩擦係数も大きくなる。それらが原因でボディーに洗い残しが出来たり。傷を付ける恐れがある。

例2)『ボディー全体に水をかけた後』→『シャンプー液でボディ全体を洗う』→『ボディ全体を洗い終わってから』→『そのシャンプー液を水で流す』。この方法は、水が自由に使えるのに、その水を上手に使っていない洗車方法です。また、ボディー全体を洗い終える頃には、洗い始めた所のシャンプー液が乾いてくる。この乾いた状態のシャンプー液に、いくら水をかけてもシャンプー液は洗い流せない。それどころか、それが原因でボディーにシミが出来ることがある。特に、カーシャンプーは液性の強い物があるので注意すること。

自宅やガレージの水道ホースで水を自由に利用できることは、少なくとも門型洗車機より車に良い洗車ができる。ただ水道ホースでは、コイン洗車のように高圧水をかけることができないため、ボディーに固着している砂・泥などの汚れが多く残ってしまう。その状態で手洗い洗車をすると、ボディーと洗車スポンジの間に多くの砂・泥などを引きずってしまう。それが原因でボディーに傷が付く。そこで、ボディーに固着している砂・泥などが、少しでも除去できるよう、水道ホースの賢い利用方法をアドバイスしておこう。

まず防藻の耐圧ホースに交換する。そして、一方を水道の蛇口に差し込み、ホースが蛇口から抜けないように、ホースバンドでしっかり固定する。もう一方の先端にストップガンを取り付ける。これで水道の栓を開けたままにしておいても、水を無駄にタレ流す心配がなくなる。また、ストップガンを取り付けると、多少は勢いよく車に水を掛けることができる。それと、洗車時ストップガンを常に手元に確保できる。そして、好きな時に水が使えるので、シャンプー液が乾く前に洗い流すことができる。

 

 

サン・ダブル・ディ洗車技術研究所の洗車場はここが違う

→全箇所にスプレーガンと水道ホース完備!
→手洗い洗車が終わるまで使い放題!
→無人じゃないから女性の方でも安心!
→トイレ完備!
→バケツ・タオル・脚立など、無料貸与!

2018年9月閉鎖しました。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 3WD洗車教室 , 2018 All Rights Reserved.